背骨の写真

咽頭がんの治療

咽頭がんの治療では、がんの出来た部位に応じて様々な治療法が試みられています。最近では抗ガン剤を特定の部分にのみ作用させる新しい咽頭がんの治療法もあるのです。事前の情報収集が新たな治療を試すための一つの方法となります。

ページヘ

椎間板ヘルニア手術

大阪で椎間板ヘルニアの手術を行う際には、様々な手術療法が存在するため、医療機関の選択は重要なものとなります。しかし何より重要なことは、椎間板ヘルニアの早期発見でありどのような手術の選択肢があるのかと言う事になります。

ページヘ

背骨のトンネル

頚椎椎間板ヘルニアは、頸椎の病気であり、頸椎の中や近くを通る脊髄や神経の圧迫による症状を呈する。治療としては生活態度の変更、保存療法や牽引治療で自然と治ることがほとんどどであるが、難治性、再発性の場合には手術を考慮する。

ページヘ

接骨院でも治療

専門の医師に診せることが大切

腰椎内部の神経の通路にある、脊柱管の間隔が狭くなる病気として腰部脊柱管狭窄症という病気があります。神経組織が圧迫されることにより、強い痛みやしびれを発生する腰部脊柱管狭窄症は、加齢に寄る骨の歪みが原因であるといわれています。医学的には様々な要因がある病態ですが、神経を圧迫されて痛みを発生した時に初めて腰部脊柱管狭窄症であることに気がつく方も多く存在しています。骨の歪みなどは自然に起こりうる現象で、多くの方が腰部脊柱管狭窄症で通院されています。加齢による身体の骨の歪みは、骨粗鬆症などの病変も関係しているといわれており、最近では整骨院での治療も増加しています。料金が明確に記されている治療院では、健康保険が対象になっている所もあります。

神経を圧迫し痛みが発生する

腰椎内部の神経が圧迫されることにより、日に日に痛みが増す方や、普段は痛みを感じないが、立ったり座ったりする場合に痛みを感じるなど、人それぞれ痛みの度合いは変わります。脊柱管が狭くなる事で神経を圧迫し、歩行がままならない重症な方も多く存在しています。腰部脊柱管狭窄症で悩む方は大変多く、痛みから解放するために手術を決断する方もいます。せきついの変性や、変性すべり症のことを日本では腰部脊柱管狭窄症と呼ばれていますが、一般的に女性の患者様が多いといわれています。骨や脊髄の痛み、腰の痛みを感じた場合には直ぐに専門の医師に診てもらうことが先決です。また、近年では腰部脊柱管狭窄症は治せる病気として捉えられています。病院では初診料と治療費、レントゲン費用を含めても5千円前後の料金が平均的な価格です。