咽頭がんの治療

選択的に作用を届けます

咽頭がんはがんの発生した部位に応じて通常3つに分類されています。治療では、こういった部位に応じて、それぞれ適した方法が選択されているのです。咽頭がんの治療では、比較的初期の場合には放射線治療が広く行なわれています。進行がんに移行している場合には手術や化学療法も行なわれますが、部位よっては合併症のリスクを避けるために手術を控えることもあるのです。中咽頭がんの治療で最近新たに試みられているのが、カテーテルを用いて抗ガン剤を部分的に作用させる治療法です。この方法では体の他の部位への影響が少ないため、つらい副作用を抑えることが出来ます。この方法は一定の効果を上げており、注目が集まっている治療法なのです。

医療機関を探しましょう

部位に応じた新しい治療法を試すためには、医療機関で行なわれている治療について予め情報を集めておく必要があります。新しい治療は、一般的に大学病院や総合病院などで独自に行なわれていることが多く、各医療機関の耳鼻咽喉科のページにアクセスしてみることで、具体的な治療法が分かることがあるのです。咽頭がんの場合には、耳鼻科疾患の情報サイトやがんの情報サイトなどを通じて最新の情報を集めることが出来ます。他の医療機関では難しい治療法が、一部の病院で試みられていることもあり、広く情報を集めてみることが新しい治療法を試すための一つの方法となる訳です。医療機関のサイトでは、実際の治療成績も場合によっては見ることが出来ます。