椎間板ヘルニア手術

椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアとは、椎体と椎体との間に存在する椎間板が、神経が走る脊柱管側に突出したものです。それによって手足の違和感やしびれ、疼痛、麻痺などの症状が現れます。特に多いのが頸椎と腰椎であり、症状に応じて保存的療法や手術療法が行われます。 保存的療法には、リハビリや薬物療法、神経根ブロックといった症状緩和の対応が主なものとなります。一方、手術療法では様々な手技が存在し、背部の切開によってヘルニアを直視下で切除する手技、内視鏡で切除する手技、レーザーを用いた手技などあります。 椎間板ヘルニアの保存的療法では、ほとんどの医療機関にて実施できるものですが、手術療法となると医療機関あるいは医師によって異なることがあります。現在、大阪においても多くの医療機関にて様々な手術療法を取り扱っている医療機関が存在し、最新の医療機器を用いた手技を受ける事が可能です。大阪にて最新の椎間板ヘルニア手術を受ける場合には、施術可能な医療機関への受診、又は紹介を行ってもらう事が必要となります。

大阪での最新の手術とは

大阪における椎間板ヘルニアの最新の手術療法は、レーザーを用いた手技が第一に挙げられます。レーザーを用いた手技では、大きな背部の切開の必要性が無く、一日から数日の範囲で帰宅する事が可能となります。手術における患者の負担軽減が、従来の主義と比べ大幅に改善されていることから注目を集めています。 全国的にまだまだ普及率は高いとは言えませんが、大坂でも僅かな医療機関で実施できる手術となります。しかし、全ての方がレーザーによる手術が適応しているかと言うとそうでもありません。椎間板ヘルニアの症状や状態によっては、他の手術を選択しなければならないケースもあるのが現状です。大阪における椎間板ヘルニア治療専門の医療機関では、レーザーによる手技だけでなく、他の手技においても経験豊富な医療機関や医師が充実しているのも現状となっています。